お知らせ

翁さんの腹話術ショー

京都大原記念病院にご入院されていた翁さんによる”腹話術ショー”が、11月21日(水)介護老人保健施設 博寿苑にて開催され、40名を超えるご入居者やご家族・京都大原記念病院入院患者様らが集まりました。

 

当日は翁さんの”腹話術の先生”でもある腹話術師・里井 硯二さんやお仲間も駆けつけてくださり、腹話術の他にもマジックショーや南京玉すだれをご披露いただきました。

 

里井さんのご紹介では、翁さんは70歳を超えてから腹話術を始められた珍しいケースとのこと。翁さんご自身も「年齢や病気を理由に諦めない!気持ちが大事」「皆さまに福が舞い込みますように」と観客に挨拶をされました。

 

飲み物を飲みながら・歌を歌いながらの腹話術など、代わる代わる披露される腹話術やショーに観客は笑いや拍手を贈り、充実した1時間30分を過ごしました。

 

観客の入院患者様のお一人は「翁さんは私よりも年上、腹話術をするという気力がすごいと思う。このショーのために駆けつけてくれる仲間がいることも素晴らしい」と話されていました。

関連記事

2020年01月23日
市立洛北中学校のみなさんが、生き方探究・チャレンジ体験でご来院!
2020年01月07日
\私たちの想い/ スローガンを一新!!!
2020年01月06日
『木村紀久雄展-ともに生きてる-』を開催します。