回復期リハビリ病院とは病院概要

回復期リハビリ病院とは

病状が安定し急な病変などが考えにくい段階まで回復された患者様のなかで、継続したリハビリテーションが必要な回復能力の高い回復期に行うリハビリテーションを「回復期リハビリテーション」と呼びます。

この回復期リハビリテーションが必要な患者様の治療に特化した病院を回復期リハビリ病院と呼びます。

回復期リハビリテーション病棟の
施設基準について

回復期リハビリテーション病棟の施設基準には病院機能によって3つのランクがあります。

  1. 「重症な方を受け入れる割合」
  2. 「入院当初と比較して退院時に機能が回復した度合いの高さ」
  3. 「身体機能を回復し患者様が在宅へ復帰した割合

当院は全ての条件で最も厳しい基準をクリアしています。

病院概要

設置法人 昭和56(1981)年7月4日(法人開設:昭和63年11月1日)
所在地 〒601-1246 京都市左京区大原井出町164番地
連絡先 TEL. 075-744-3121/FAX. 075-744-3126
診療科目 リハビリテーション科・整形外科・内科・神経内科・外科 リウマチ科・循環器科・胃腸科・皮膚泌尿器科・歯科
外来 午前診療/9:00~12:00(月・木・金)
入院 総病床数:203床 回復期リハビリテーション病棟:172床 一般急性期病棟:31床
施設基準
  • 基本診療料
    • 一般病棟入院基本料 10:1(看護必要度加算1)
    • 感染防止対策加算 2
    • 退院支援加算 2
    • 後発医薬品使用体制加算
    • 回復期リハビリテーション病棟入院料 1
    • 体制強化加算
    • リハビリテーション充実加算
  • 特掲診療料
    • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
    • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
    • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
    • 人工関節置換術 <通則5・6に掲げる手術(4)>
    • 胃瘻造設術(内視鏡下・腹腔鏡下含む) <通則16に掲げる手術>
    • クラウン・ブリッジ維持管理料
    • 薬剤管理指導料
    • 神経学的検査
    • 無菌製剤処理料
    • 入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)