ボツリヌス療法+短期集中リハビリテーション

ボツリヌス療法+短期集中リハビリテーション

痙縮とは

脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。

痙縮イラスト

痙縮では、手指が握ったままとなり開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。
痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限され(これを拘縮といいます)、日常生活に支障が生じてしまいます。また、痙縮がリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮に対する治療が必要となります。
現在、痙縮の治療には、内服薬、ボツリヌス療法、神経ブロック療法、外科的療法、パクロフェン髄注療法などがあります。患者さんの病態や治療目的を考慮して、リハビリテーションとこれらの治療法を組み合わせて行ないます。

ボツリヌス療法とは

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とする薬を障害となっている筋肉内に注射する治療法です。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。
当院では手足(上肢・下肢)のこわばりに対して治療を行っています。

ストレッチ

ストレッチ/運動学習/低周波刺激療法

歩行の習得

課題として設定した動作/歩行の習得

自己管理方法の習得

セルフトレーニング/自己管理方法の習得

ボツリヌス療法の効果

ボツリヌス療法によって次のような効果が期待できます。

  • 手足の筋肉がやわらかくなり、動かしやすくなるので、日常生活動作(ADL)が行ないやすくなります。
  • リハビリテーションが行ないやすくなります。
  • 関節が固まって、動きにくくなったり、変形するのを防ぎます。(拘縮予防)。
  • 痛みをやわらげる効果が期待できます。
  • 筋肉が動かしやすくなることで、介護の負担が軽くなります。

治療内容

ボツリヌス療法を実施し、筋肉を緊張させている神経の働きを抑えることで、筋肉の緊張をやわらげ、動かし易くなることで、リハビリ効果を出やすくします。
ボツリヌストキシンを注射→動かしやすくなった状態で集中的にリハビリを実施します。

リハビリ訓練スケジュール

STEP1
現状と取り組む目標や計画を理解する
リハビリ以外の時間で自主練習が出来る
STEP2
リハビリ以外での活動が定着する
STEP3
リハビリで習得したことを生活動作に取り入れる
STEP4
新しい生活動作を習得する
リハビリ終了以降の自己管理について準備する
身体機能の回復や変化を理解する

注意事項

ボツリヌス療法を安全にお受けいただくために下記適応基準に合うかどうか確認させて頂きます。

  1. 現在、ボツリヌス療法を受けていない・また過去に受けたこともない・ボツリヌス療法を受けたことがある場合は疾患名、時期、投与量をお申し出ください
  2. 全身性の筋肉の脱力を起こす病気(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症など)がない
  3. この薬を以前に使用し、発疹などのアレルギーを経験したことがない
  4. ぜんそくなど慢性的な呼吸器の病気がない
  5. 妊娠していない、妊娠している可能性がない、授乳中でない
  6. 同時に使用できない薬があるため、使用中の薬は、市販薬を含めて全て医師に申し出てください。

ボツリヌス療法のご案内

ボツリヌス療法のご案内

ボツリヌス療法のご案内(PDF)