農業とリハビリ 

京都大原記念病院グループの地産地消活動が生んだ
グリーン・ファーム・リハビリテーション®

グリーン・ファーム・リハビリテーション®とは、京都大原記念病院 敷地内にある約 2,000 ㎡の自家菜園を拠点として農業とリハビリテーションを融合させた取り組みです。リハビリテーション専門病院が、なぜ農業とコラボレーションしたのか・・・。これまでの歩みやリハビリテーションの様子・今後の展望についてご紹介します。

※ グリーン・ファーム・リハビリテーション®は医療法人社団 行陵会の商標登録です。京都大原記念病院グループと京都府立医科大学およびタキイ種苗株式会社との連携プログラムです。

自家菜園の歩み
こだま文様umebachi

自家菜園の歩み

地元の美味しい野菜をご入院患者さんの
お食事にお出ししたいという想いからスタート

詳細

リハビリテーションと農業
こだま文様umebachi

リハビリテーションと農業

「移動能力」「高次脳機能」
「バランス」「手の動き」などが求めらる作業

詳細

ギャラリー
こだま文様umebachi

ギャラリー

グリーン・ファーム・リハビリテーション®
の様子を写真でご紹介

詳細

今後の展望
こだま文様umebachi

今後の展望

医学的な根拠をいかに積み上げていくか
患者様、地域の「復権」を目指して

詳細