リハビリテーションってなんだろう

  • TOP
  • リハビリテーションってなんだろう

リハビリテーションとは

リハビリテーション

「リハビリテーション」ということばには広い意味があります。
「リハビリテーション」(Rehabilitation)は、re(再び、戻す)とhabilis(適した、ふさわしい)から成り立っています。つまり、単なる機能回復ではなく、「人間らしく生きる権利の回復」や「自分らしく生きること」が重要で、そのために行われるすべての活動がリハビリテーションなのです。

それには、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)のようなリハビリテーション専門職だけでなく、さまざまな職種の方々が関与しますし、さらに、ボランティアや家族の方々の支えもとても大切になります。

理学療法とは

運動療法

運動療法と物理療法により、運動機能の回復を目指します。

理学療法では病気やケガによる障害に対し、機能の回復や維持を目的とした徒手療法および動作訓練を行います。

対象は中枢神経患、整形疾患が主となり、当施設では回復期から生活期までの幅広いアプローチが可能です。

作業療法とは

日常の諸動作

日常の諸動作をリハビリテーションの手段として、生活力を取り戻します。

作業療法では日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わるさまざまな活動を「作業活動」と呼び、それらをリハビリテーションの手段として動作の向上や在宅への復帰を支援しています。

患者さまの退院後の生活スタイルは千差万別です。おひとりおひとりの実生活を想定し、話し合いの中からニーズを引き出し、患者さまの意志を尊重した目標を設定しています。その目標を実現できるよう、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導・訓練を行います。

言語聴覚療法とは

言語聴覚士とのマンツーマンの訓練

言語聴覚士とのマンツーマンの訓練で、円滑なコミュニケーションを目指します。

言語療法では言葉に問題を抱えておられる方に対して、さまざまな訓練を行うなど最適なコミュニケーション手段を探し、円滑なコミュニケーションがとれることを目指していきます。

失語症及び構音障害を治療対象とし、またそれに付随する高次脳機能障害に対してアプローチを行っています。

また嚥下等口腔部にかかるリハビリテーションにも積極的に関わります。

機能障害を伴う疾患の経過と
リハビリテーション

疾患の経過とリハビリテーションの図

急性期

救急病院や大学病院にて治療を行い、救命・全身管理を必要とする時期です。後の機能障害を少しでも軽減し、一日も早くリハビリを開始できるよう治療に専念すべき時です。

回復期

急性期での治療が一段落し、全身状態が安定に向かっている時期です。回復能力の高いこの時期に集中的なリハビリを行うことで、より大きな成果を得ることができます。

生活期

回復期を経た後、機能障害の症状が安定し、在宅にて生活をしている時期です。この時期でも、適切な指導のもと、正しいリハビリを継続することで穏やかな改善が期待できます。

京都大原記念病院グループの
刊行物

当グループの刊行物です。
リハビリテーションについて分かりやすく解説したものですので、ご一読ください。