お知らせ

【京都新聞掲載】 回復期リハビリテーション病棟の現状と課題について三橋尚志副院長がインタビューにお答えしました。

2019年5月に回復期リハビリテーション病棟教会 会長に就任した三橋尚志医師(京都大原記念病院 副院長)が、回復期リハビリテーション病棟の現状と課題をテーマとしたインタビューにお答えしました。7月21日(日)京都新聞朝刊に、その記事が掲載されました。記事はこちらからご覧ください。(画像をクリックすると大きなサイズ(PDF)でご覧いただけます。

関連記事

2020年01月23日
市立洛北中学校のみなさんが、生き方探究・チャレンジ体験でご来院!
2020年01月07日
\私たちの想い/ スローガンを一新!!!
2020年01月06日
『木村紀久雄展-ともに生きてる-』を開催します。