お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 【地産地消の取り組み】 同志社女子大学より、調査研究の一環でご来院

【地産地消の取り組み】 同志社女子大学より、調査研究の一環でご来院

当グループの地産地消の取り組みについてご興味をお持ちくださった同志社女子大学 齋藤 朱未 先生(生活科学部 人間生活学科 環境計画学研究室)が来院されました。

「医福食農」をテーマに掲げたセミナー等が開催されるなど関心は高まりつつも、実態調査・報告が少ないという病院給食における地場農産物の使用。実態を紐解き、その可能性や更なる展開について検討・考察することで、農村計画、農村工学という側面でも役立てることができるのではないかと調査の一環で来院されました。当日は、井上亜砂子 管理栄養士が取り組み状況をご紹介しました。

元は昨年度、齊藤先生が指導された学生が卒業論文制作の過程で来院されたことがきっかけのご縁。お互いにとって可能性を拡げていく機会となりますように。

関連記事

2019年08月07日
第1回日本スティミュレーションセラピー学会学術大会in福島に参加しました!
2019年08月07日
リハの目標と成果報告_府立医大病院で症例報告会
2019年07月29日
【京都新聞掲載】 回復期リハビリテーション病棟の現状と課題について三橋尚志副院長がインタビューにお答えしました。