お知らせ

【2019年7月1日追記】(公財)日本医療機能評価機構が実施する病院機能評価で認定されました(2019年4月5日付)

  • 【2019年5月30日公開】
  • 【2019年7月1日追記】

 

京都大原記念病院は2018年12月に(公財)日本医療機能評価機構が実施する病院機能評価を受審し、この度、機能種別 本体審査:【リハビリテーション病院】、付加機能審査【回復期リハビリテーション】として認定されました。(2019年4月5日付)

病院機能評価とは、同機構が日本の病院を対象に、組織全体の運営管理および提供される医療について、同機構の調査専門員(サーベイヤー)が第三者の立場で中立的、科学的・専門的な見地から評価する仕組みであり、組織全体の運営管理および提供される医療について評価を行い、病院の位置付けや問題点を明らかにします。このことにより、病院のさらなる改善活動を推進し、病院体制の一層の充実や医療の質の向上に寄与されます。

審査内容は基本的な活動(機能)が適切に実施されているかを審査する「本体審査」と、専門領域で高度・専門機能について評価を受ける「付加機能審査」で構成され、当院は両審査を受審し認定いただきました。

全国の認定病院のうち、当院が認定された機能種別【リハビリテーション病院】は139病院、付加機能【回復期リハビリテーション】においては64病院となっています。

当院の取り組みが一定水準以上として認められたことを励みに、これからも継続して病院運営の継続的改善に努めて参ります。

 

京都大原記念病院 院長 垣田清人

 

【2019年7月1日追記】

審査結果報告書が(公財)日本医療機能評価機構ウェブサイト内に公開されました。ご興味がございましたら、こちらからご覧ください。

■機能種別【リハビリテーション病院】審査結果報告書はこちら

■付加機能【回復期リハビリテーション】審査結果報告書はこちら

 

(右から)垣田清人院長、三橋尚志副院長

 

関連記事

2019年11月29日
北部連携パスで医療従事者向けに講演!
2019年11月29日
背筋をのばしてしっかり歩いて健康に!
2019年11月07日
リハの目標と成果報告_京都第二赤十字病院で症例報告会