お知らせ

\私たちの想い/ スローガンを一新!!!

京都大原記念病院は令和2(2020)年の年頭に際し、スローガンを一新しました。

 

「あなたらしく」のためにできるすべてを。

私たちがチーム一丸となって

寄り添い、歩みあい、

その人らしい人生として輝かせる

 

当院は、回復期リハビリテーション病院として、「自立支援」「介護負担の軽減」「安心の提供」をリハビリテーションの目的と定めて患者様の社会復帰を支援して参りました。私たちの行動は全て、脳卒中など突然の病に戸惑いながらも、目の前の現実を受け入れ前を向く患者様の生活が、より「その人らしい」ものとなることを目指すものです。

そのために何より大切なのは、特別なことではなく、医師を中心に看護師、セラピスト、介護職、管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなど多職種がチームで向き合うことと考えて取り組んで参りました。新年を迎えるに当り、そうした想いや決意を今一度胸に刻み日々実践していくべく新たなスローガンを明文化しました。

当院は患者様、家族様、連携医療機関、地域の皆さまなど多くのご支援のもとで成り立っております。今後とも変わらぬご支援、ご指導をいただきますようお願いいたします。

  • 京都大原記念病院 院長 

  • 垣田清人

関連記事

2020年01月23日
市立洛北中学校のみなさんが、生き方探究・チャレンジ体験でご来院!
2020年01月06日
『木村紀久雄展-ともに生きてる-』を開催します。
2019年12月20日
【外部発表のご紹介】回復期病棟脳卒中患者の運動機能が日常生活動作に及ぼす影響~退院時におけるFACT・BBS・FMAと運動FIMの関連性~