お知らせ

新緑の大原”つつじ”ウォーク

京都大原記念病院グループでは、グループ内事業所をご利用の皆様にもっと”大原”を知って・感じて・楽しんでいただくために、さまざまな企画をご用意しています。
 
この4月よりスタートした”華(はん)なりウォーク”は、毎月一回、季節の花を満喫しながら健康的にウォーキングを楽しむイベントです。第二回目の今回は「新緑の大原”つつじ”ウォーク」です。
 
5月26日(金)、京都大原記念病院グループ内の3デイサービスセンター(こうやま・平野・上高野)のご利用者15名が参加し、京都大原記念病院周辺や大原児玉山荘の新緑を満喫しました。

IMG_7665

 
今回は3デイサービスセンターご利用者の他にも、京都大原記念病院のご入院患者や介護老人保健施設 博寿苑・おおはら雅の郷のご入居者やご家族など50名以上の方にお立ち寄りいただきました。

IMG_7579 IMG_7720

 
ご夫婦で参加されたご利用者は、スタッフと一緒に山荘へ。普段は、歩くと疲れやすいご主人も作業療法士が見守るなか山荘内の石段を意欲的に登り、丘から眺める大原の素晴らしい景色に「喜びと嬉しさが胸に湧き上がってくる」と大喜びのご様子でした。
 
”新緑”と”つつじ”を楽しんでいただいた後は、弊グループオリジナル幸福焼「期間限定・抹茶あん」をお召し上がり。幸福焼は、大原の米粉を使用したもちもちの生地に、季節を感じていただけるお味のあんこをはさんだものです。また、お土産として、幸福焼”抹茶あん”と”白あん”をお持ち帰りいただきました。
 
参加された方からは、「前回の”さくら”ウォークに参加した時に自家菜園に植えた落花生が芽を出していた。嬉しい。また自家菜園を見に来たい。」「幸福焼の次の味が楽しみ。」「スナップエンドウをたくさん収穫した。少し持って帰り、夕食の一品にしたい。」などのお声をいただきました。

関連記事

2017年08月17日
グリーン・ファーム・リハビリテーション® 赤紫蘇のゼリー
2017年08月10日
大原で働く思いに触れる 児童の事業所体験
2017年08月02日
【広報誌】和音8月号を発行しました!