お知らせ

「グリーン・ファーム・リハビリテーションの足跡 タキイ種苗との連携記録がまとまりました」

種まき、草引き、収穫、そして調理して食べる。

野菜が育ち、食べるまでの過程を農地(≒不整地)で、訓練プログラムの一環とするのが「グリーン・ファーム・リハビリテーション」です。

京都大原記念病院敷地内の農園で「自然豊かな大原だからできること」として力を入れる活動の一つです。

 

タキイ種苗㈱との出会いから発展してきたこの取り組みの様子が連携記録としてまとまり、全五章構成で同社ホームページに公開されました。

同社との出会いから、実際の農園、食事、研究の取り組み、そしてこれからの展望がまとまりました。

 

連携記録「医・食・農一体の取り組み~京都大原記念病院との連携が生んだグリーン・ファーム・リハビリデーション~」はこちらからからご覧ください。

タキイ種苗株式会社 ホームページ http://www.takii.co.jp/

「トップページ」⇒「社会への貢献」⇒「医・食・農一体の取り組み」とご覧ください。

 

 

関連記事

2020年01月23日
市立洛北中学校のみなさんが、生き方探究・チャレンジ体験でご来院!
2020年01月07日
\私たちの想い/ スローガンを一新!!!
2020年01月06日
『木村紀久雄展-ともに生きてる-』を開催します。