お知らせ

新型コロナウイルス感染症の治療を終えた患者様の受け入れについて

各種報道等にて、新型コロナウイルス感染症の拡大による「医療の逼迫」が起こり、同感染症の治療はおろか通常の医療提供にも支障をきたしつつある状況はご存知かと思います。

こうした状況を考慮し、「回復期」を担う京都大原記念病院では、同感染症の治療を終え、リハビリテーションを必要とされる患者様を受け入れいたします。

患者様、ご家族をはじめ関係の皆様におかれましては、本方針にご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • 令和3年2月15日
  • 京都大原記念病院 院長
  • 垣田清人

関連記事

2021年07月15日
一杯のスープにこめられた想い
2021年05月01日
【特別対談】「医療連携室」の活動から見えてくるもの
2021年03月12日
京都府作業療法士会主催 事例報告で「優秀賞」を受賞