お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • ドクター登場!堀尾 玲子 医師(神経内科)想像力で患者様手助け

ドクター登場!堀尾 玲子 医師(神経内科)想像力で患者様手助け

今春着任された京都大原記念病院の常勤医 堀尾 玲子医師(神経内科)の自己紹介です。

はじめまして。

この度、京都大原記念病院に勤務をさせていただくことになりました、堀尾玲子と申します。よろしくお願いいたします。京都府舞鶴市出身で、京都府立医科大学の神経内科医局に入局しております。

私の趣味は読書です。最近は自分の本を読む時間は取れないですが、子供の絵本を一緒に楽しみながら読んでいます。高楼方子さんと、角野栄子さんの絵本が大好きです。文字を読めない幼児の時から図書館に通って、毎日母親に読み聞かせをしてもらっていました。図書館のお姉さんには、自分で読むの?と言われて、元気よく「うん!」と答えていたそうです。

そのせいもあるのか、いらぬ想像力が満載なようです。想像力が妄想にならない程度に、患者様やご家族様の気持ちを汲み取り、的確な全身管理を心掛けつつ、より望ましい生活設計のお手伝いができたらいいなと思います。

色々とご迷惑をおかけすることがあると思いますが、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

2018年07月13日
【ご案内】 祇園祭期間中のシャトルバス運行について
2018年07月02日
【広報誌】和音7月号を発行しました!
2018年06月19日
日本医療マネジメント学会で医療安全に向けた取り組みを演題発表!