お知らせ

  • TOP
  • お知らせ
  • 臨場感を持って知る農業 【 タキイ種苗 夏季 研究農場研修会に参加しました! 】

臨場感を持って知る農業 【 タキイ種苗 夏季 研究農場研修会に参加しました! 】

7月12日 タキイ種苗㈱が毎年、研究農場で開催されている夏季 研究農場研修会に参加しました。日頃、京都大原記念病院のグリーン・ファーム・リハビリテーションⓇ(注)について農業指導くださっている縁から毎年ご招待いただいているもので、これまでにも医師、看護師、セラピスト、管理栄養士らが参加してきました。

今回参加したのは作業療法士と、農園担当者です。多くの農業関係者も集うこの会に参加し臨場感を持ちながら、様々な品種や道具などに手を触れて学ぶ機会となりました。参加者から少しずつ感想を寄せてもらいました。

【作業療法士のコメント】
研究農場で栽培されている品種の特徴、栽培方法、収穫方法について説明をしていただきました。収穫方法について、片手でも作業が可能であり片麻痺の患者様でも積極的に参加が可能だと感じました。栽培方法については、毎日の手入れなど作業工程は想像よりも多く、日課の提供などリハビリプログラムとして応用ができると感じ、今後グリーン・ファーム・リハビリテーションの内容が充実できるよう取り組んでいきたいです。

【農園担当者のコメント】
展示されている野菜・花類を前に作業療法士とどれがリハビリテーションに向いているのか、また取り入れることができるか議論できました。やはり現物を見て触ることで議論の幅が広がります。

今後もこうした交流で得た情報を、今後のグリーン・ファーム・リハビリテーションⓇ(注)など日々の活動に取り入れて行きたいと思います。

※ グリーン・ファーム・リハビリテーションは医療法人社団 行陵会の登録商標です。

関連記事

2019年08月07日
第1回日本スティミュレーションセラピー学会学術大会in福島に参加しました!
2019年08月07日
リハの目標と成果報告_府立医大病院で症例報告会
2019年08月05日
【地産地消の取り組み】 同志社女子大学より、調査研究の一環でご来院