農業とリハビリ 

京都大原記念病院グループの地産地消活動が生んだ
グリーン・ファーム・リハビリテーション®という新たな取り組み

京都大原記念病院が自家菜園を拠点に取り組む農業とリハビリを融合させた取り組み「グリーン・ファーム・リハビリテーション®」 なぜ、農業がリハビリの一環となろうとしているのか? その成り立ちと、展望をご紹介します。


※ グリーン・ファーム・リハビリテーション®は医療法人社団 行陵会の登録商標です。

地元の美味しい野菜を食べて欲しい!
から始まった一歩

京の奥座敷とも呼ばれる大原は比叡山と北山に挟まれた山里です。朝夕の寒暖差とほどよい湿度、肥沃なこの土地は最高品質の紫蘇(シソ)をはじめとする農産物の栽培に適しています。
農産物のほとんどが露地栽培のため、大半は朝市など地元でしか購入することができないことも大原野菜の特徴です。
年間90万食の病院・施設の食事を提供する京都大原記念病院グループは、そんな希少な農産物を患者さん、利用者さんのお食事にお出ししたい!と思うようになり、動き始めます。

地産地消の取り組みが認められるように

2010年、地元農家さんから大原産野菜の直接仕入れを開始。当グループ有料老人ホーム「ライフピア八瀬大原1番館」で、月1回「地産の日」として大原産野菜を献立に取り入れ始め、翌々年にはグループ内5施設へも取り組みを拡大しました。
現在、全6施設が地産地消を推進するモデル施設として、京都府から「たんとおあがり京都府産」施設の認証を受けました。またその献立は「地産地消等メニューコンテスト」において近畿農政局長賞を受賞しました。

施設認定章

食事

自家菜園をスタートするも、
難航する野菜作り

地産地消を進めていくなかで、次に着手したのは自家菜園の取り組みでした。紫蘇栽培を皮切りに、季節の野菜を有志の職員が敷地内の農地の一角で栽培し始め、収穫した野菜は患者さん、利用者さんなどにスムージーとして提供しご好評いただきました。
手ごたえを感じ取組の拡大・本格化を目指すもののスタッフの経験が乏しく「休耕地をいかに復活させるか?」「野菜を育てるノウハウ不足」など、たちまち課題に直面しました。

救ったのは地元企業とのご縁

課題を解決したのが、タキイ種苗株式会社(本社・京都)研究員との出会いでした。生育状況、肥料のタイミング、わき芽の摘み方など指導をいただき交流が続いています。
健康維持、改善に役立つ成分として期待される野菜の紹介を受け栽培している野菜のほとんどがこの品種となっています。
こうした過程を経て、地元個人農家の畑も借り、総面積を約1,000㎡(1反)にまで拡大、延べ45品目(約1トン・平成27年度実績)の栽培に成功しました。

畑

患者さんの声で動き出した
グリーン・ファーム・
リハビリテーション®

自家菜園はグループ敷地内の周回路沿いに位置しています。
周回路は屋外リハビリ訓練時に、セラピストと患者さんが歩き、利用者さんとご家族の憩いの場として活用されています。
私たちの一喜一憂と試行錯誤を繰り返しながらの自家菜園の取り組みは、そんな方々の目にも映るようになりました。
患者さんたちから「リハビリとして農作業をしたい」「ここで育てた野菜を料理したい」といった希望が聞こえるようになりました。

リハビリ農業1

農業をリハビリ訓練の一環に!
その可能性を探る

グループとして「大原ならでは」の取り組みを志向するなかで、自然発生的に上がってきた皆さんの声を受け、退院後に農作業をしたいと願う患者さんや、高次脳機能障害のある患者さんの心理面・情緒面の賦活、また不整地での立位バランス訓練にも活用されています。
今は、これらの取り組みに関する医学的な根拠をいかに積み上げて行くのかを課題に、タキイ種苗株式会社、京都府立医科大学との共同研究事業として、取り組みを 重ねています。

2016年平成28年8月15日 日本農業新聞(地方・社会面)

2016年平成28年8月15日 日本農業新聞(地方・社会面)